中央会の組織化支援 会員向けサービス 情報提供コーナー
メールマガジン 県内組合HP紹介 バックナンバー
新規学校卒業予定者の就職等に関する要請について(福岡労働局・福岡県)
 
 去る5月19日本会役員室において、辻田福岡労働局長より本会桑野会長に対して、厚生労働省福岡労働局長、福岡県教育委員会教育長、福岡県福祉労働部長、福岡県総務部私学学事振興局長連名の、新規学校卒業予定者の就職等に関する要請が手渡しされました。
 要旨としては、次のとおりです。

 今春の新規学校卒業者につきましては、景気の回復基調に伴う求人の増加や早期の求人提出等により、お陰様をもちまして、3月末の就職内定率は、新規高等学校卒業者については99.4%、新規大学等卒業者については94.3%と着実に改善しております。重ねて御礼申し上げます。
新規学校卒業者の就職は、学校生活から新たに職業生活に入る人生の大きな転機となるものであり、新しく社会へ巣立つ生徒・学生や家族にとって、大きな意嫌を持つものです。
 このため、福岡労働局及び福岡県におきましては、関係機関と連捜を密にして雇用対策に取り組んで参りますが、何より実際に雇用の場を提供していただく企業の方々のご理解とご協力が不可欠です。
 今年度におきましては、来春高等学校卒業者に対する求人の受付が早まり、6月1日から開始されます。早期に求人を提出いただくことで、9月5日からの推薦依頼に向けて、就職を希望する生徒が、夏休み期間中に十分に検討する時間を確保することが可能となります。
 また、青少年の雇用の促進等に関する法律(若者雇用促進法)の施行により、求人内容等のミスマッチによる早期離職を解消するため、求人者には、労働条件を的確に伝えることに加えて、幅広く職場情報を応募者に提供していただくことが求められています。
 会員企業の皆様におかれましては、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

厚生労働省福岡労働局長                辻田 博
福岡県教育委員会教育長                城戸 秀明
福岡県福祉労働部長                  神代 曉宏
福岡県人づくり・県民生活部私学振興・青少年育成局長  野田 律子

新規学校卒業予定者の就職等に関する要請についての要望書(PDF)