中央会の組織化支援 会員向けサービス 情報提供コーナー
メールマガジン 県内組合HP紹介 バックナンバー

 年次有給休暇の取得促進、所定外労働の削減などにより、働きやすい職場づくりに取り組む団体や中小企業事業主を支援する「労働時間等設定改善推進助成金」および「職場意識改善助成金」が変更になります(※平成25年度予算が成立した後に実施予定)。

1  労働時間等設定改善推進助成金(団体助成)
 全体の2分の1以上が中小企業である団体が、傘下企業の労働時間等の設定改善に向けて、団体が策定した計画に基づき、セミナーの開催や専門家による個別指導等の取組を行った場合に、その事業に要した費用の一部を、目標達成状況に応じて最大400万円支給します。

2  職場意識改善助成金(企業助成)
 中小企業事業主が、労働時間等の設定改善に向けて策定した計画に基づき、①労働者に対する研修、就業規則・労使協定等の策定・見直し(職場意識改善コース)や、②労務管理用ソフトウェア・機器、デジタコなどの導入・更新(労働時間管理適正化コース)を行った場合に、その事業に要した費用の一部を、目標達成状況に応じて最大①職場意識改善コース20万円、②労働時間管理適正化コース60万円支給します。

 この機会に、助成金を活用して、働きやすい職場づくりをはじめてみませんか?
 両助成金とも平成25年7月31日(水)までに取組計画を策定し、福岡労働局長の承認を受ける必要があります。

 詳しくは、福岡労働局ホームページ(http://fukuoka-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp)または福岡労働局労働基準部監督課(TEL 092-411-4862)までお問い合わせください。